ストレスを上手に解消

スポンサード リンク


ストレスを上手に解消することはむくみを解消するライフスタイルにとって重要です。
仕事や対人関係などで長期間強いストレスを受け続けていると、交感神経と副交感神経を司る自律神経の働きが乱れて血行が悪くなりむくみの症状が現れます。
ストレスや不規則な生活などが続くと、イライラしたり不安や心配ごとなどにより交感神経が優位になり、血管が収縮し血流が悪くなってしまうからです。
日常的にストレスがあると、呼吸は自然に浅く早くなっています。呼吸が浅いと血流が悪くなり、十分な酸素が細胞に行き渡りません。
ストレスを感じたときは意識的に腹式呼吸をしてみましょう。鼻から大きく息を吸い、ゆっくりと口から吐き出します。おなかの上に手を置いて、息を吸ったときにおなかがふくらみ、息を吐ききったときにおなかがへこむようにすると、初めての人も腹式呼吸をしやすくなります。
ストレスを全くなくしてしまうことは難しいですが、好きな音楽を聴いたり、アロマテラピーでくつろいだり、スポーツをするなどライフスタイルにリラクゼーションを取り入れ、ストレスを上手に解消しましょう。
リラックスした時間を持つと副交感神経が優位になり、血管が拡張し血流がよくなり、むくみの解消につながります。
⇒  ◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!>>>