むくみの仕組み

私たちの身体には全身を巡るように動脈、静脈の二つの血管とリンパ管が張り巡らされています。

心臓がポンプとなって送り出された血液は、動脈を通り身体の隅々まで行き渡り、組織間液になって細胞に酸素や栄養を届けます。

酸素や栄養を届けた組織間液は、次に細胞で使われた後の二酸化炭素や老廃物を回収し、静脈やリンパを通って心臓に戻ります。このとき静脈の働きが悪いとリンパに送られる組織間液の量が増えます。

むくみの仕組みは、静脈がつまったり、リンパ液がスムーズに流れないことにより、細胞と細胞の間に組織間液、余分な水分がたまってしまうことにより、むくみがおきます。

ボニックプロ